60代の膝の痛みの原因は殆どが軟骨の擦り減り

60代の膝の痛みの原因は殆どが軟骨の擦り減りで変形性膝関節症です!

60代になって膝の痛みが出てきたら原因の殆どは軟骨の擦り減りで、病名は「変形性膝関節症」と言われています。

 

軟骨の磨り減りによる膝の痛みは軟骨を増やせば治るわけですが、通常の食事で軟骨を増やすのは簡単ではありませんし、外科医も軟骨を増やす方法を教えてはくれません。

 

変形性膝関節症の次に多いのが老齢による筋肉量の減少で、膝の負担が大きくなり痛みが出る現象で、これは筋肉量を増やすことで治る可能性は高いです。

 

 

60代の膝の痛みの原因究明

60代で膝の痛みが出てきた場合、例えば打撲などの出来事が無ければ、殆どが老齢による軟骨の擦り減りか、筋肉量の減少です。

 

では、軟骨の擦り減りか、筋肉量の減少か、どちらか簡単な方法を紹介します。

 

【軟骨のすり減りが原因】
膝を屈伸するだけで痛い、階段の昇り降りなどで痛い場合は、軟骨の擦り減りと思われる。

 

【筋肉量の現象】
多少の動きでは痛みは出ないが、長く歩く(1〜2km以上)と膝脇が痛くなる場合は、筋肉量の減少と思われる。

 

従って、この二つの対策を適切に行えば痛みから解消され、行きたいところに行けるので買い物やスポーツ、旅行などの楽しみが復活します。

 

 

軟骨の擦り減りの場合の対策

 

軟骨の擦り減りが原因の場合、運悪くお金儲けに熱心な医者に遭遇すると、お金が儲かる手術「人工関節置換手術」などを薦められますが、「人工関節は最後の手段であり、極力避けたほうがいい」と口を揃える外科医は多いので安易に行わないようにしましょう。

 

では、どう対策すればよいのでしょうか?

 

はい、対策は減った軟骨を増やすことに注力することになります。

 

 

膝軟骨の主な成分とサプリメント事情

軟骨成分は水分を除くと次の画像に示すように「U型コラーゲン」、「プロテオグリカン」、「ヒアルロン酸」、「その他:コンドロイチン、グルコサミン、」で構成されています。

 

      

 

 

従って、磨り減った軟骨を増やし円滑な膝関節にするには、これらの主要の構成成分を適切に補充することが必要なのです。

 

これらを背景に軟骨成分を容易に摂れるサプリメントが数多く開発され販売されましたが、主要成分の「プロテオグリカン」のみが量産化(安価)が遅れ、これを含まないサプリメントも数多くあります。

 

 

膝軟骨を増やすオススメのサプリ

世界で初めて軟骨を増やす成分「プロテオグリカン」を取り入れ、その他の主要成分「U型コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「その他:コンドロイチン、グルコサミン」なども配合したサプリメント「プロテウォーク」がオススメです。

 

「プロテウォーク」は軟骨の主要成分全てを含むサプリメントです。

 

  プロテウォークの公式HP⇒プロテオグリカン配合プロテウォーク

 

 

【プロテウォークの関連記事】
  膝の関節痛の主な原因と痛みを取る方法

 

 

膝の痛みが筋肉量不足の場合の対策

老齢による筋肉量の不足は多くの人に見られることで、膝に負担がかかり痛みが出ることも多い現象です。

 

これらはタンパク質の多い肉や魚を積極的に食べて筋肉量を増やせば、比較的容易に改善が可能です。

 

また、肉や魚などがあまり食べられない人は、プロテインなどを補助として用いれば筋肉量も比較的短期間で増えますので効果的ですよ。

 

私は腰部脊柱管狭窄症で筋肉量が減少すると腰や脚に痛みが出るのでプロテインを飲んでいますが、これで膝の痛みが解消した経験があります。